気になる糖質に
話題の“菊芋茶”

菊芋ごぼう茶

株式会社お茶の清香園

テレビで注目の成分 “イヌリン”が豊富

 今、テレビで話題沸騰中の「菊芋」。糖質を気にする人の強い味方“イヌリン”が、ずば抜けて多く含まれると注目の食材だ。ここに、水溶性食物繊維が豊富で、毎日のスッキリにも、美容にも一役買う、有用野菜「ごぼう」を追加。ダブルの力で健康維持をサポートするお茶に仕上げた。それが、創業90余年の老舗、㈱お茶の清香園(熊本市)の「菊芋ごぼう茶」だ。

菊芋とごぼうのダブルの力

 さすが老舗茶屋のお茶。健康茶なのに「美味しい」と評判だ。お湯を注げば、たちまちごぼうが香ばしく香り立つ。菊芋の素朴な甘みの中に、ごぼうの風味が際立ち、クセはなく、味わい深い。糖質が気になっている人は、食前や、いつものお茶と替えて食事と一緒に飲むのがおすすめ。

“イヌリン”が豊富な「菊芋」と、
「ごぼう」をまるごと使った、
香ばしい健康茶

 野菜は、国内の農園で栽培したもの。栄養価の高い皮までまるごと細かく砕き、熊本伝統の「釜炒り」製法で、香り豊かな美味しいお茶に仕立てた。
 香料や保存料は入れず、菊芋とごぼうだけを使っているので自然の恵みがたっぷり。ノンカフェインで、寝る前の一服としても楽しめる。
 「糖の気になる年頃になり購入しました。とても飲みやすく、リラックスタイムにぴったりです」「一日中飲んでいたところ、夜スッキリ。嬉しさのあまり継続しています」と喜びの声は絶えない。これは試してみる価値がありそうだ。

上:無農薬で大切に育てた、国産の
菊芋とごぼうを使用。下2点:
無農薬で大切に育てた菊芋とごぼう。
国内の農園で栽培したもの
だけを使用している

 ティーバッグタイプなので、お湯を注げば出来上がりという手軽さも嬉しい。 
 さらに、1日分約50円と、続けやすさも大きな魅力となっている。

ティーバッグタイプなので
忙しい時にも手軽に飲める

メーカーサイトへつなぐ

ライターが綴るあれこれ

ライターが徹底調査