脂が乗った大ぶりさば
「缶詰」と思えぬ旨さ

さば水煮

モンマルシェ株式会社

刺身にも使われる、上質なさばだけを厳選

 さば缶が、空前のブームとなっている。DHAやEPAなど青魚特有の栄養が、簡単に"丸ごと"摂れるからだ。また最近では、おいしさをとことん追求した商品も登場。
 なかでも、モンマルシェ㈱(静岡市)が販売する「さば水煮」は「缶で、ここまで旨いさばを食べられるとは…」と驚かされる逸品。百貨店の催事でも人気を集めている。

百貨店の催事でも
話題を集める逸品

 まず違うのが大きさだ。缶を開ければゴロッと、肉厚の身が転げ出る。その身を噛みしめれば、本当に旨いさばだけが持つ、あの上品な脂が「ジュワッ」。青臭さはなく、骨まで柔らかい。

「缶で、ここまで旨いさばが
食べられるとは…」と絶賛される逸品

 「旨いさば缶を作るには、とびきり旨い素材を使うこと。これに尽きます」と同社の河野雄士さん。
 実は同社は、80余年前に日本初のツナ缶を作った清水食品のグループ会社。素材へのこだわりはどこよりも強く、全国の漁港を駆け回り一流の魚を探し続けてきた。同商品では、自社の目利きのバイヤーが仕入れた、気仙沼産のさばだけを使用。

鍋に加えたり、アレンジもしやすい

 「本来なら刺身・焼魚用として市場でセリにかけられる、上質で大ぶりなさばだけを使っています。だから身の締まりや旨み、脂のりが抜群なんです」(河野さん)
 水煮タイプなので煮物や炒め物など、どんな料理にも使いやすい。また、汁には、さばの旨みや栄養がよく溶けているので、丸ごと全部使うのがおすすめだ。
 一度は味わっておきたい"本当に旨いさば缶"を、この機会にご賞味あれ。

気仙沼産の脂のり抜群なさばだけを厳選

メーカーサイトへつなぐ

ライターが綴るあれこれ

ライターが徹底調査