大豆のチカラで
女性をサポート

イソフラバランス

不二製油株式会社 ソヤファームクラブ

いくつになってもイキイキした毎日を

 女性が、ある年齢に差しかかると感じる“体調の不安”。その対策として人気なのが、大豆に含まれるポリフェノールの一種「イソフラボン」だ。
 今や多くの女性に認識され、多様なイソフラボンの健康食品が発売されるようになったが、「どれを選んでいいか分からない…」という人も多いはず。イソフラボン商品を選ぶ際、“企業と素材を見る”というのも、ひとつの選択方法ではないだろうか。

高純度イソフラボンを
独自開発

 大豆研究60年の歴史を誇る、不二製油のサプリメント「イソフラバランス」は、食品素材だけで作ったタブレット。また、主成分である大豆イソフラボンは、他にはない「高純度イソフラボン」を使用している。
 「大豆イソフラボンは、『胚軸』と呼ばれる部分に含まれます。その量はごくわずかで、100gの大豆から、0.2gほどしかとれません。弊社は高純度で抽出する独自の技術を開発しました」そう話すのは、同社の辻野浩代さん。

いつまでも若々しくいたい
女性のために

 この「高純度イソフラボン」に加えて、カルシウム・マグネシウム・ビタミンE・セラミド・鉄・食物繊維といった成分を配合。さらに今回、商品リニューアルに伴い、冷えにうれしい「しょうが」が新たにプラスされた。

女性にうれしい栄養成分を
バランスよく配合した
タブレット「イソフラバランス」

 いずれも食品素材を使用。添加物は用いずに、原材料だけをギュッと固めてタブレットにしている。1日の目安量は3~5粒。
 利用者アンケートをみても、「50代から健康を意識し始めたのですが、『イソフラバランス』のおかげで前向きな生活が送れ、毎日とても充実しています」といった声が多く寄せられているという。

イソフラボンは
100gの大豆 から、わずか 0.2gほど
しか取れない

メーカーサイトへつなぐ