ふわっ、とろっ
卵が旨い特製丼ぶり

玉子丼

大江ノ郷自然牧場

お湯を注ぐだけ、調理時間はたった1分

 お湯を注いで軽くかき混ぜ、待つこと約1分。あっという間に、四角い形状のものが、ふわっふわでとろっとろの玉子とじに変身!これを、炊き立てのご飯にかければ…特製玉子丼のできあがり。
 大江ノ郷自然牧場(鳥取県八頭郡)の「玉子丼」は、お湯を注ぐだけの手軽なフリーズドライ商品。しかしながら、味は本格的だ。見た目以上にふわっ、とろっとした口あたりで、だしがよくきいている。玉ねぎや白ねぎなど、具材の歯ごたえはシャキシャキ。そして何より、“たまご”が旨い。
 「いつでも『天美卵』を味わっていただきたい。そんな思いで作りました」そう話すのは、牧場主の小原利一郎さん。

1食80kcal
夜食や保存食に

「フリーズドライとは思えないおいしさが
好評の「玉子丼」。
発売から5年以上経った今も、
根強い人気を誇る

 「天美卵」とは、同牧場のニワトリが産んだ卵のこと。小原さんは、広い開放鶏舎の中でニワトリが自由に走り回る“平飼い”にこだわり、エサは20種類以上の天然原料を自家配合して与えている。健康なニワトリに育てることで、おいしく栄養豊富な卵を産んでもらうためだ。実際、旨味とコク、ほんのり甘みも感じる「天美卵」は、「これぞ本当の卵の味」と評判を呼んでいる。

お湯を注ぎ、かき混ぜるだけ

 このおいしさを活かすために、だしとのバランスを徹底追求。さらに、具材の野菜はすべて国産で揃え、化学調味料・保存料・着色料は不使用。子どもからお年寄りまで、安心して味わえるのもうれしい。
 同商品は日持ちがするので、常備しておけば重宝すること間違いなし。1食80kcalなので、夜食などにもおすすめだ。
#たまご #卵 #玉子

ニワトリを自然な姿で育てたいと
“平飼い”にこだわる

メーカーサイトへつなぐ